NEW WORLD 【新世界】 
配布終了ゲーム

タイトル NEW WORLD 【新世界】
ジャンル 近未来ビジュアルADVノベル
使用ツール Live Maker
容量 146MB
サイト名  万屋本舗
管理人名 深山 楓 さま
コメント
***ストーリー***
天才エレクトラ・バーマンの遺児、エレクトラ・ドリスコールの『接触』後、Disの破壊こそ失敗したものの、その粛正の勢いは明らかに緩められた。
人類は徐々にその数を増やし、『最後の審判』以前の約半数近くまで回復したが、人類の総人口数がそれ以上増えることはなかった。
それはあたかも厳密に整備された箱庭を造り上げるかのごとく、アースガルドという唯一の例外を除き、600年に及ぶ長い年月、Disの完璧な支配は続いた。
そして2824年――『第二の接触<セカンドコンタクト>』の時は、着実に近付いていた。
 Disによって汚染された大地、『失われた世界<ロストグラウンド>』を生きるアヤは、ある日アンドロイドと軍の抗争に巻き込まれる。
大量のドロイドに襲撃され、危機一髪のところでアヤを救ったのは、海色の瞳を持つ一人の少年だった……。
(サイトさまより転載)

感想は↓より

続きを読む »

***18禁*** いじわるMy Master 
いじわるマイマスター
・ メーカー名  * シュガービーンズ
・ ジャンル  * 乙女向け18禁ADV
・ 発売日  * 2008年3月28日
・ 定価  * \7,875(税込)
・ OS  * Microsoft Windows 2000/XP/Vista 日本語版
・ CPU  * PentiumPentium4以降
・ メモリ  * 512MB以上
・ -  * Vistaはエクスペリエンス インデックス 2.0以上
・ 音声  * ヒロイン以外フルボイス
・ 原画  * 東条 さかな


***システム***
カーソル自動追尾はイライラするので即OFFにしてしまいますけど、ここのブランドさんのシステムは使いやすくて安定しています。美○さんには是非とも見習っていただきたいです。
今作のシステム系で一番助かったのは、CG観賞モードで差分枚数まで表示されていること!これのおかげでとりこぼしが一目瞭然。
起動するたびにインストールウィザードが開いて、いちいちプレイの有無を問われる点は改善願いたいです。


***グラフィック***
原画は東条 さかな氏。
『Under the Moon』と同じ方ですが、そのときよりもCGが綺麗!美麗です。
ヒロインの目の大きさが控えめになっているので素直にかわいいと思いますv 胸の塗りにはこだわりを感じますな。Hシーンとかで異様に綺麗。『Under the Moon』では気持ち悪いとしか思えなかったHシーンでのヒロインのスタイル(不自然な腰の細さと巨乳具合)もかなり良くなってますね。
背景も手抜きせずきっちり描いてあり、キャラだけでなく全体的に質が良くレベルの高い出来です。
しかし男性陣の立ち絵で上半身が裸のときに違和感が!CGでは男性陣の裸体が筋肉質で引き締まったいい身体に改善されてるのに~。
CGは枚数豊富ですがエロばっかです。通常イベントにも萌えは多かったので、少々エロCGは減らしてもいいからそれ以外のところでのCGを増やして欲しいです。


***音楽・音声***
イイ!かなり好みな曲多し。特にフランツの曲が大好きだ!オープニング曲はレオン役の寺島 拓篤さん、エンディング曲はリュカ役の浜田 賢二さんが歌われてます。声優さんが歌われると萌え効果で嬉しくなっちゃいますよ。寺島さんの子守唄には絶大な威力が!
ボイスは皆様さすがの出来。特にデルタ。声が渋くて良すぎるよ。いい声してるな~、大川さん。


***キャラクター***
レオン
身長185cm/人間年齢24歳くらい。
森の奥深くの城に住む俺様な変人。自分勝手で傲慢で、自分のことが大好きな自信家。魔王にふさわしいのはこの自分だと、少し前までは思っていた。だが、今は事情があって、お城の中に引きこもっている。
アインス
人間年齢28歳くらい。
竜の一族の青年で、角と尻尾があり、魔界では珍しい金色の髪を持っている。正式な契約はしていないが、レオンの使い魔のような役割を果たしている。大人しい物腰柔らかな性格で、慣れない世界と変人レオンに戸惑うくるみの優しい相談相手となり、支えてくれる。
デルタ
身長182cm/人間年齢32歳くらい。
魔法で作り上げた人造人間ではなく、『からくり』で動く『機械』人形を制作することに情熱を注いでいる変わり者。周りの人に、自分を『博士』と呼ばせている。無愛想で無感情で、頭には科学の研究のことしかない。魔力の匂いを全く感じないくるみを、無機質な『からくり人形』と勘違いして興味を示す。
エヴァンス
身長170cm/人間年齢20歳くらい。
デルタの助手で、デルタを心から尊敬している。実はエヴァンス自身は魔術研究所の息子で、魔力も強い。実家はデルタの研究所とは犬猿の仲。一見やんちゃだが、実は育ちのいいおぼっちゃん。
リュカ
身長188cm/人間年齢18歳くらい。
森の奥に住んでいる、ぬぼーっとした青年。くるみを市場で売り飛ばした張本人。だけど本人には全く悪気はなく、優しく、のんびりした性格をしている。人間であるくるみのことを、珍しいペットと勘違いしている。鼻歌を歌うのが好き。
城崎 焔(しろさき ほむら)
身長173cm/くるみの後輩。
くるみよりも年下だが、落ち着いた雰囲気を持つ青年。くるみが好きで、なにかというと気にかけてくれている。魔界に迷い込む直前に話した最後の人物。

(公式サイトさまより転載)


***ストーリー***
主人公、桜上水くるみは少しぼんやりとした女の子。
一見、おっとりとしたのんびり屋な性格に見えるが、本当は物事への執着が薄く、諦めも早い、ことなかれ主義な性格をしている。
そんな彼女が唯一強く憧れているのは、鮮やかな青い薔薇。
『不可能』という名前の花が咲いたら、自分にも奇跡が起きると信じている。
ある日、いつものように学校から帰宅途中、不思議な光に飲み込まれ、気を失ってしまう。
気がつくとうっそうとしたもちの中に倒れていたくるみは、リュカという不思議な容姿の人に助けを求めるが、逆に獲物として捕らえられてしまう。
ここがどこなのか、どうして自分がここにいるのか、何がなんだかわからないまま、珍しい生き物として市場に売られてしまったくるみ。
そこにくるみを買いたいという人物が二人表れる。

引き取られた先のお屋敷でくるみを待ち受けていたのは、いずれも風変わりで偏屈なご主人様。
そんなご主人様達も、くるみと接していくうちに、徐々に変わり始めて……。

(公式サイトさまより転載)

感想は↓より

続きを読む »

***18禁*** ラヴァーズ・コレクション 
ラヴァーズ
・ メーカー名  * リボンマジック
・ ジャンル  * 乙女向け18禁ADV
・ 発売日  * 2007年3月23日
・ 定価  * \7,800(税別)
・ OS  * Microsoft Windows 98/Me/2000/
・ CPU  * PentiumⅢ 500MHz(PentiumⅢ1GHz 推奨)
・ メモリ  * 128M以上必須 Windows2000/XPの場合は256MB必須/512MB以上推奨
・ -  * Vistaはエクスペリエンス インデックス 2.0以上
・ 音声  * フルボイス
・ 原画  * 葦珈 のぞむ


***システム***
基本的なものは一通り…と言いたいですが、選択肢でセーブが出来ないのは何でじゃ、コラ。『前の選択肢に戻る』という機能をつける余裕があるなら、選択肢でのセーブを可能にしてくれればよかったのに。
スキップはクリックして止めないと、選択肢も問答無用ですっ飛ばしてくれます。ありえないよ、この仕様。バックログも見づらいし、キャラボイスは録音状態が違うのか小さかったり大きかったりで聞き取りにくいし。
次回作では大いに改善の余地ありです。


***グラフィック***
原画は葦珈 のぞむ氏。
立ち絵での男性陣の顔が面長すぎです。CGでは顔は気にならない程度ですが、手足のバランスが気になりました。Hシーンでマネキンのような手足のときが結構あるんですよね。好き嫌いがきっぱり別れそうな絵です。
CGの枚数は驚くほど少ないです。バッドエンドの鬼畜系CG除いて、ベストエンドの1ルートでのCGがここまで少ないゲームって初めてかもしんない。


***音楽・音声***
音楽はあんまり印象に残っていない、というのが正直なところ。雰囲気にあってないとかはなかったのですが、特別良かったわけでもないので。可もなく不可もなく、まぁ普通。
声はいいお声の方がいらっしゃったし演技もよかったです。微妙なのもありましたけど、許容範囲内でした。ていうか、攻略対象キャラのボイスよりもヒロインのボイスが良かった乙女ゲーは他にない気がします。男性向け18禁ゲーのイメージが強い方ですが、乙女ゲーでも魅力ある声です。一色さん、だから好きv


***キャラクター***
小林 悟(こばやし さとる)
22歳/178cm・62kg/血液型:O型
ヒロインの隣家に住む幼なじみ。『リヒトクラフト』入社後2年で『ラ・クリマ』の店長に。やさしく穏やかで明るい性格である反面、見た目よりも真面目で頭が固い。
柚月 ハヤト(ゆづき はやと)
26歳/180cm・64kg/血液型:A型
ホストクラブ『イリアス』のNO.1。悟の高校時代の先輩であり親友。女性に心底ハマったことがない。ヒロインにちょっかいを出して楽しんでいる。
村田 俊哉(むらた としや)
25歳/176cm・62kg/血液型:B型
地区売上トップを3年間維持しているライバル店『BLUE MOON』のヤリ手店長。ヒロインに冷たい部分もあるが、なんだかんだいって気にかけているようで面倒見がいい。
渡辺 貴文(わたなべ たかふみ)
35歳/182cm・73kg/血液型:A型
バツイチ子持ちな商社ビジネスマン。不器用で言葉足らずで意思疎通が下手。娘の莉美の迷子がきっかけでヒロインと知り合い、段々とその明るさに惹かれていく。
北村 直樹(きたむら なおき)
年齢不詳/177cm・60kg/血液型:AB型
仕事や住まいなど謎の多い正体不明の男性。いつもニコニコしていて考えていることや感情をあまり表に出さない為か、つかみどころのない感じ。
橋本 虎太郎(はしもと こたろう)
19歳/165cm・52kg/血液型:O型
舞台俳優を夢見て田舎から出てきたフリーター。女の子と付き合ったことがないだけにほれっぽいが一途。すぐやきもちをやいてすねてしまう部分も。

(公式サイトさまより一部転載)


***ストーリー***
アパレルメーカー「リヒトクラフト」で、女性向けのショップのファッションアドバイザーとして働いていた主人公。ところがある日突然、人手不足を理由に男性向けブランド「ラ・クリマ」のショップへ移動することになってしまった。

「ラ・クリマ」は幼馴染でもある先輩が店長を務めるショップ。彼がいることで主人公はひと安心。だがここは新入社員として8ヶ月勤務してきた女性向けブランドとはいろいろな面で勝手が違っていた。覚えることもたくさんあり焦るあまりに失敗することも。

それでも彼女は持ち前の明るさと仕事への熱心さを武器に「ラ・クリマ」でも少しずつ顧客をつくっていく。一流商社で働く潔癖症の子持ちサラリーマン、売れっ子ホスト、俳優志望のフリーター、神出鬼没の謎の男性、ライバルショップの店長・・・。

それぞれ個性も好みも違うため彼ら一人ひとりに合う服を選んであげるのはひと苦労。それでも彼らとの出会いはその苦労すらも楽しいと思わせてくれるものだった。やがて、そんな主人公の姿に心を奪われる男性が現れて・・・・。

(公式サイトさまより転載)

感想は↓より

続きを読む »