スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***18禁*** Step~二人の関係は一歩ずつ~ 

(もう発売してるけど、バナーは発売予定のままなんですね…)
・ メーカー名  * AMEDEO
・ ジャンル  * 18禁学園ラブコメADV18
・ 発売日  * 2006年12月15日
・ 定価  * \6,800(税別)
・ OS  * Microsoft Windows 98/Me/2000/XP
・ CPU  * Pentium 166MHz 以上(PentiumⅡ 233MHz以上推奨
・ メモリ  * 32M以上(48M以上推奨)
・ 音声  * ヒロイン以外フルボイス
・ 原画  * 伊集院 草一郎


***システム***
とりあえず一通り揃っています。
『一つ前の選択肢に戻る』機能とキャラ別に音声のon/offができるのは◎。ディスクレス起動が出来ないのが残念。
クリア後にCG鑑賞・音楽鑑賞・シーン回想が楽しめます。…が、シーン回想はキャラ別にまとめられてないので、シーン名を見ても誰のイベントシーンなのかよくわからないものが多い!
あとはセーブのとき個別ルートに入ったら攻略中キャラ名が表示されるのですが、その前だと表示はゲーム内の日付のみ。誰を攻略中のデータなのかわからなくなるのが困りました。
次作にて改善願います。


***グラフィック***
原画は伊集院 草一郎氏。
割と好きな原画家さん。腰の細さが気になりますが、かなり男性陣の裸には力が入っているように思われます。
スチルは丁寧な塗りで美麗。枚数も豊富でホクホクですv(差分込みで200枚超。差分抜いても100枚くらい)


***音楽・音声***
プレイし始めようとした途端流れ出した、超アップテンポで一昔前のアイドル風なオープニング曲にひいた…。学園ラブコメだからこういう感じなのかなぁ。
BGMは10曲しかありませんし、音楽鑑賞モードで曲にタイトルが無いのは寂しい。(BGM1、BGM2のように表示)味気ないです。
音声についてはいずれも力を入れていらっしゃるようで『上手い!』と思えるボイス陣でしたが、どうしてもハローの声には馴染めませんでした。いや、もう、オタク色出しすぎでしょう。
個人的には浩太と鬼頭のボイスが◎。


***キャラクター***
楢崎 浩太(ならさき こうた)
主人公の叔父であり同居人であり担任教師。無精ヒゲの愛煙家で、ぶっきらぼう且つおおざっぱ。感情が豊か。ふるまいは適当だが心根は真摯。世話好き。人を笑わせたり、からかうのが好きなひょうきんもの。数学教師。仕事中はクールだが、生徒には熱血教師な面も。

雨羽 夕(あもう ゆう)
隣のクラスの同級生。幼少の頃から、手間のかかる主人公一筋。知的でクール。才色兼備。頭の回転が早く、なんでも分析するクセがある。女性にもてるが興味なし。感情に素直で、なんでも口にするが、態度はいつも同じ。そのため人を傷つけてしまうが、それすらも分析してしまう。キリがない。実は虫が大嫌い。冷静に確実に殺す。

鬼頭 大(きとう まさる)
主人公のクラスメイト。隣の席になった主人公のグズさにイライラし、転校早々ケンカばかり売ってくる。キザだがドジでマヌケ。怒りっぽい。イライラ。リアクションが大きい。成績・運動能力・みんな月並み。女性に奥手。

八口 一(やぐち はじめ)
下級生。隣のクラス。フィギュア&ガンオタ。極度のあがり症。あだ名はハロー。いじめられているが、逃げるばかり。実は素直でやさしいおだやかな好青年。

(公式サイトさまより転載)


***ストーリー***
主人公、秋野 実(あきの みのり)は平凡な女子校生。
そろそろ、彼氏がほしい思春期の真っ只中に、両親の仕事の都合で、祖父母の家へ引っ越すことに…。祖父母の家は、幼少期を過ごしたなつかしいところでもあった。しかし、同居するはずの祖父母は旅行中でおらず、母の弟である楢崎 浩太(ならさき こうた)だけがそこに…。仕方なく、二人暮らしをするが、なんと、浩太は担任教師。それを隠しつつ、学園生活をエンジョイするうちに、次々と気になる男の子があらわれて…。
はたして、主人公は誰と恋に落ちるのだろうか?

(公式サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
AMEDEOさん初の18禁乙女ゲー。とはいえ、ノリは今までのAMEDEOさんの全年齢ゲームに18禁シーンを入れたようなつくりで、まさにラブコメといった印象。
タイトル通りの『一歩ずつ手順を踏んでいくじれったいシナリオ』がなかなかよかったです。AMEDEOさんならではの、プレイヤーが恥ずかしくて悶絶しそうになるイベント及び台詞も健在(笑)。
H回数は1人につき2回くらい。ヒロインと叔父以外の攻略キャラは初心者さんなので、初々しいったらありゃしない。結構ときめきます。初めてのときと比べて2回目ではいろいろと発展しているところも、なかなかプレイヤー心をくすぐりますな。


楢崎浩太
一番ボイスがエロい(笑)。それはやっぱりCVが一条氏だからでしょうか。
好きになった人が叔父ということでの葛藤はありがちですが、最終的な展開が衝撃的でびっくりしました。賛否両論でしょうが、ここでお約束なエンドに導かなかったことには価値があると思います。それだけに後半駆け足でストーリーが進んでいったのは非常に残念でした。もっとじっくり練りこんで欲しかったですね。最後は切なさも残りますが、これもひとつの愛の形だと思います。
ちなみに経験者である筈の浩太兄ちゃんのHが一番普通でした。
雨羽 夕
他キャラとのライバル心剥き出しなイベントがあるのではないかと期待していたので少々拍子抜け。スポーツも勉強も最上級に何でも出来る一種の天才ともいえる彼ですが、精神面では非常にアンバランスでもろい部分が魅力ですね。鬼畜というほどではないですが黒さの混じったシナリオは、浩太ルート同様練りこみが足らず残念。あと、彼だけ普通にベッドでのHがないのはどうかと…。初めてで車の中、2回目は夜の観覧車…ってどうよ?生着替えシーンでは一番好みな体型で萌えました。
この人のHシーンでのあえぎ声がまるで女の子のようでちょっと嫌でしたね。
鬼頭 大
このゲームで一番無理ないシナリオだったルートです。まさに学園ラブコメにふさわしい。どうしてこのコはこんなにかわいいんだ!ツンツンしつつヒロインと仲がいい夕に焼きもちやくところとか、初Hで失敗してしまって落ち込むところとか、純粋で真っ直ぐで自分に正直。あの照れ屋さんぶりにやられました。トキメキ度が一番高いです。ちょっと腰が細すぎるのが惜しいところ。
彼のコンプレックスに関しては、意外性ありすぎです(笑)。
八口 一
いろいろと無理…。あのオタクっぷりとあの言動とあの缶バッジファッションでは魅力を感じられません。嫌いなものは最初に食べてしまえ!派なので、一番最初に攻略しましたが大正解だった模様。途中からの彼の変身にも萌えることができなかったのは痛かった。唯一ちょっと『いいかも…』と思えたのは、エンディングテロップ後に少しだけあったアフターストーリー。とりあえず彼のルートはお遊びルートということで。
あの部屋でHする気になれる2人のツワモノぶりに完敗です。


気になる点といえば、やはりHシーンでの男性向け18禁ゲー並の擬音表示でしょうか…。あの音を文字にするのは、乙女ゲーでは避けた方が無難でしょう。雰囲気に合いません。
CG率を100%にする為には、各攻略キャラに贈るマフラーの色をそれぞれ選んでエンディングのCG表示までプレイしなきゃいけないってのもかなり面倒。スキップで飛ばしまくってコンプはしましたが、その過程が作業と化してしまうのは問題でしょう。やっぱりシナリオを楽しみながら集めていくのがベストだと思いますね。


***備考***
鳴海の中でハローは攻略人数に入っていないので、実質攻略対象が3人のゲーム。少な。せめて隠しキャラくらい欲しかった。でも学園ラブコメゲーとしてはなかなか良作。面白かったです。

というわけで、オススメ度は です。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/236-64b55c9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。