血袴鬼譚「第一幕 散桜献花」 
タイトル 血袴鬼譚「第一幕 散桜献花」
ジャンル サウンドノベル
使用ツール 吉里吉里2/KAG3
容量 約70MB
サイト名  黒ミサ会別館 ちーぷ・そふと
※サイトさま閉鎖のため、Vectorに繋げています。
管理人名 TAKE さま
コメント
***ストーリー***
日ノ本の国と似て非なる、彼方の国の物語。
旅人、オウカが辿り着いた村での一幕。
かつて世間を騒がせた凶賊『血袴』の前に、村は今や風前の灯だった。
血糊と泥の味付けの握り飯を報酬に、オウカが立ち上がる─。
「存分に楽しめ。命が尽きるまで一時の花見を」


(制作者サイトさまより一部引用)


感想は↓より

***感想***
「第一幕」とありますが、一話完結ですのでご安心を!
特に年齢制限されてはいませんが、時代劇風ゲームの為流血表現があります。
さくっとプレイできるちょっと短めな選択肢なしのサウンドノベルなのですが、かなり面白くて夢中になってプレイしました。
シナリオは王道を突き進んでいきますので、先が非常に読みやすい展開となっています。しかし!先が読めるからこその面白さってありますよね!?例えるならば、『もうすぐ黄門様一行が印籠を出すぞ~出すぞ~…ほら出した!』的面白さ。主人公は善人というわけではありませんが、やはりこういう勧善懲悪っぽいものは日本人の魂に訴えてきますよ。

こちらのゲームはいわゆる一枚絵としてのスチルはありませんが、立ち絵が大きく表示されていろんな表情と動きをとります。担当は【辺境紳士(イラストレーター今野隼史)】さま。とても鳴海好みの素敵な絵を描かれる方です。
音楽の選曲もかなりよいです。このゲームにピッタリな曲ばかりでした。

一番すごいと思ったのが、オープニングとシナリオ中に出てくる七五調の文言。最高にカッコいいのです!痛快感を予測させるような勢いと、日本人に馴染み深い独特のリズムがシナリオを盛り上げてくれます。
クリア後に『音楽鑑賞』『絵巻鑑賞』『作者余話』が閲覧できるようになります。
【るろうに剣心】などがお好きであれば、確実に楽しめる作品ですよ。

***備考***
残念ながらサイトさまは閉鎖されてしまいましたので、こちらの作品は「第一幕」で終わってしまいました…。泣。ゲームはまだDL可能ですので、バナーはVectorにリンクさせています。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/248-1bbe3f91