スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Battle Four 
公開終了
タイトル Battle Four
ジャンル BLADV (多少暴力・流血表現含)
使用ツール LiveMaker
容量 約106MB(解凍後)
サイト名  つぎはぎプロジェクト
管理人名 市居ゆたか さま

***ストーリー***
変わらない毎日、平凡な日々
いつまでもこれからもそれを繰り返すだけだと思っていた

それは…小さな歪から広がっていく
思いがけない両親の死によって、独りになった

これからどうすればいいのか…

そう思い悩んでいた時に届いた一通の手紙
それは…ゲーム【Battle Four】への招待状だった

自らの命よりも大切なものを賭け金に…ゲームをしてみませんか?
勝者には……手に余る賞金を差し上げます

その言葉が…心を揺るがした

(サイトさまより転載)


***キャラクター***
キョウ……両親が殺された事によってゲームへ参加する事になる主人公。無気力な訳ではないが、あまりやる気が感じられず、無愛想。ゲームへの参加目的は「賞金」だったが、日が経つにつれ、性格や目的に変化が訪れていく。
クスハ……出会った当初から気さくにあっけらかんとした態度で接してくる。幼い雰囲気を持っているが、意外と飄々とし、大したことでは動じない。ゲームへの参加目的は「暇つぶし」だと言うが、真意の程は定かではない。笑顔のまま残酷な言葉を述べる事もある。
アヴェル……無口で冷たい印象を受けるが、性格はいたって穏やか。ハッキリとものを言い、口調こそきつい感じを受けるが、その態度や言葉は気遣っているようにも見える。Jokerのことになるとあまり冷静ではいられなくなる様子。
Joker……本名不明。年齢不詳。ゲームへの参加目的すら不明。
リュウジ……キョウの友人。人当たりがよく、優しい性格をしている。キョウとの付き合いは5年以上になり、お互い気を使うことのない相手になっている。

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
キョウがBattle Fourへの参加を決意するまでの流れに無理矢理感がありますが、Battle Fourでのちょっとスリリングなバトルゲームが『展開が早すぎてもったいない!』と思うくらい面白い!もっとゆっくりストーリーを進めていって欲しかったです。

クスハ
過去と、そして【生き方】が可哀想な少年。裏切ることが前提で人が信じられないクスハと、無気力で他のことに興味を持てず自分を偽ってきたキョウ。言うほど似ているとは思いませんでしたが、『共感したのだろうな』と感じられました。この子のルートでは主催者側と、本人達は知らなかった謎の繋がりがあるわけですが、伏線を張られる、もしくはそれが明かされる段階が早すぎて盛り上がりに欠けたのが残念。
アヴェル
怒りと憎しみ、そして理想を持ってBattle Fourを変えようとする男。端整な顔立ちの眼鏡な彼は非常に鳴海の好みですが…甘さが足りんっ!!本編ルートだけではキョウを弟のように思っている部分が大きく感じられ、恋愛という要素にまで達しているように見えなかったからかもしれないですね。このルートではBattle Fourの深部に関して説明がないので、勝ち残ったアヴェルが日本の政治中枢に関わっていくのに戸惑いました。
Joker
色のない世界で生きてきた男が、キョウの言動によって何かが変わっていく姿にたまらなく萌えるv てか、このルートのキョウめっさかわいい乙女なんですが(笑)。Jokerはめっさカッコいいしな。最後の殺し文句には降参っす。他ルートとの似たような展開を避けるためか、最終的な闘いが描かれなかったのは手法として効果的。おかげで待ち続けるキョウがクローズアップされ、あの最後の台詞が生きたんだと思います。しかし、キスシーンにスチルがないのは何故!?
リュウジ
他ルートである程度ご活躍な彼は、黒ルート担当です。悩み苦しみながら罠にはまっていくキョウですが、最後が幸せならばまぁいっか。実はこのルートでのアヴェルがとてつもなくいい男っぷりを発揮。リュウジは歪みっぷりを発揮。だからこそキョウが傍にいないと駄目なのかもしれないです。お互いに自分の命よりも大事な相手だと犠牲を出しながらも気付いた2人が選んだ道は決して楽な道ではないけれど、何故かホッとできるエンドでした。

ツールはLiveMaker。容量が大きいからなのか、セーブにワンテンポのズレがありました。バックログがテキストウィンドウにしか表示されないのでちょっと読みにくいかな。何度見てもエンディングテロップが飛ばせないのはつらいです。
うっは~、なフルボイスで豪華なこちらのゲーム。この容量の大きさは納得ですね。

スチルは13枚。個人的にはもっと欲しいところです。
全キャラGoodEndコンプでEXTRAが出現。CVさま方のコメントを聞くことが出来ます。BadEndを見る必要はありませんが、CG MODEをコンプする為にはアヴェルのBadEndを拾う必要があります。また、EXTRAを開くと『戻る』事が出来なくなるので注意が必要です。(ゲームを終了させることで対処要)

攻略キャラによって展開が違ってくるので飽きることなく全ルートを楽しめました。BLゲームカテゴリですが、友情寄りだったり無糖だったりあってもキスまでとあっさりしています。設定がお好きなら普段BLゲームを敬遠されている方でも大丈夫なのではないかと思いますよ。逆に物足りないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、サイトさまに糖分割増の後日談SSがありますのでそちらで脳内補完をば…。


***備考***
サイトさまに攻略があります。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/259-bb6ebb1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。