スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千変挽歌百不思議 邂逅編 


タイトル 千変挽歌百不思議 邂逅編
ジャンル 学園伝奇アクション+恋愛ビジュアルノベル
使用ツール NScripter
容量 邂逅編 258MB(解凍後)
サイト名  FUZZY PYTHON
管理人名 パイソン さま

***ストーリー***
 都市伝説の収集が趣味の主人公・神坂 布津(カンザカ フツ)は怪談の多さで有名な学園へ入学したが、そこには長い因縁と陰謀に満ち満ちた怪奇が隠されていた。
 好奇心から学園の「百不思議」の調査に乗り出す布津だが、やがて仕組まれた怨念との闘いへ身を投じることとなる。
 始まりはどこからなのか。様々な思惑が絡み合い、布津が最後に選ぶのは・・・?。


(サイトさまより転載)


***キャラクター***
神坂 布津(カンザカ フツ)……本編の主人公。都市伝説や怪談の収集を趣味とする少女。好奇心から学園の陰謀に飛び込んでゆく。
沖津 加奈(オキツ カナ)……主人公の中学校からの友人。かわいい女の子が大好きで、面倒見が良い。主人公を生暖かく見守っている。
祝井 琴子(イワイ コトコ)……養護教諭。紅茶が好きな優しい美女。主人公をサポートするが…。人を外見で判断してはいけない。
古矢音 賽(コヤネ サイ)……霧沙女学園の用務員。寡黙で謎の多い人物。
天宮 瀬織(アマミヤ セオリ)……三年生。天宮佐那の兄。無愛想な性格で下級生からは怖がられている。四字熟語が苦手。
天宮 佐那(アマミヤ サナ)……二年生。天宮瀬織の妹。低い身長がコンプレックス。主人公とは意外な部分で気が合う様子だが…?
武内 高良(タケウチ タカヨシ)……国語教師。明るく兄貴肌、生徒にもそこそこの人気だが、人に言えない秘密を隠している様子。
言城 尊(コトシロ ミコト)……生物教師。のんびりとした口調で人を和ませる。遠くからでも見つけやすい若白髪の持ち主。

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
久々に『血湧き、肉踊る』面白さを味わいました!
主人公はオカルト(都市伝説や怪談)に興味を持つ普通の女子高生。最初から特別な力や霊感を持っているわけではないので、徐々に知る事実に対しての戸惑いや驚愕が素直に伝わってきて、それがまた面白さに直結しています。『次はどうなるんだろう!』という期待感で読み進めていくこと間違いなし!
序盤から早めにストーリーが展開しているけれど、急いでいるという印象はなくその場その場の描写がきっちりされて好印象。これぞ飽きさせない展開っすよ。最初の古矢音さんの登場にはインパクトがあって惹きつけられたしね。古矢音さん、好きだv
古矢音との出会いをきっかけに学校の謎に触れていき【噂屋】として活動する序盤では、謎ばかりが散らばっていてその謎を集め追いかけるのにワクワクし、中盤では穢祖(敵ボス)が現れ謎と共に急展開な状況と迫りくる恐怖にドキドキし、でもたまに息抜きのようにある布津と加奈のかけ合いや佐那とのお弁当シーンに和んだり。え~い、この食欲魔人どもめ!(笑)
面白さはアクションでの臨場感だけではなく、榊という組織内での内部分裂や陰謀に対しての謎、登場人物たちの背景にも現れています。面白すぎるよ、このゲーム。

残念な部分としては、まず噂でもって『毒を毒で制す』意味が説明不足な点。何故噂で封印を強化出来るのかの説明がないのでいまいち理解し難い。
最終的な【裏切者】もネタばらしが早すぎてもったいないというか何というか…。
そしてこれは好みの問題でしょうが、あまりにもありがちすぎるヒロイン像。責任感と無謀を取り違えている部分です。うっかりというか、考えなしというか、浅はかというか…。でもこういうヒロインじゃないとストーリーが広がらないのかもしれませんね。
容量のデカさは、このボリュームだったら納得です。

選曲がかなりよくて、特に戦闘シーンなどでは大いに興奮しました。こんなに状況に合う曲を探し出すのは大変だったろうなぁ。音楽鑑賞モードが欲しかったです。

ビジュアルノベルだけあってスチルもレベル高いです。枚数は45枚。怖いスチルもかわいいスチルも素敵絵揃い。ただストーリーの長さに対してスチルの枚数が少なく感じられたのが惜しい!

《邂逅編》となっていますが一話完結風で、解決されていない謎も残ってはいますがこのストーリー自体は収束しますので続き物を倦厭しがちな方でも大丈夫です。是非プレイしてみてください!

※全年齢対象のようですが当然流血、残酷な表現があります。「ちょっと血が出た~」レベルではありませんので、気にする方はご注意ください。しかも約一名年齢制限かけた方がいい発言を繰り返す人がいます(笑)。出番は少ないですが苦手な方はこれまたご注意を。



***備考***
現在《端境編》もDL可能ですが、《回向編》の体験版という位置付けのようです。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/264-291219d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。