スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マホウツカイ 
タイトル マホウツカイ
ジャンル ビジュアルノベル
使用ツール 吉里吉里
容量 98.6MB
サイト名  甘夏屋
管理人 天沢 夏久 さま

***ストーリー***
主人公は魔法学院に通う1人の男子生徒 コウ・アマノ。

ある日、暴走する箒(ほうき)に乗ったサヤという少女を助けた。 彼女は転校生で、偶然にも一緒のクラスになる。 サヤを中心に友人たちと共に、コウはそれなりに楽しい時間を過ごす。

しかし学院で一人の生徒が失踪したのをキッカケとして、周囲では妙な事件が起こり始めた。 何かを隠している様子の学院サイド。不穏な動きを見せる魔法省の役人たち。 そしてついには主人公の仲間までもが行方不明になってしまう。

事件の解決に挑む主人公たち。失踪した友人を無事救い出すことができるのか・・・?

(サイトさまより転載)


***キャラクター***
コウ・アマノ……主人公。
サヤ・ミナツキ……魔法学校に転校してきた少女。魔法は不得意だが人当たりがよく、コウたちともすぐに仲良くなった。時折彼女が持つ魔力の高さをうかがえる場面があるが・・・?
リナ・ブラウン……成績優秀の優等生・・・ 性格はそうでもないが。気が強くコウとはよく憎まれ口を言い合う仲。魔法技術力の高さから、戦闘では頼りになる。
ユズキ・フォント……治療・回復といった白魔法の才がある少女。白魔法士は世の中でとても必要とされる職業である。彼女自身はのんびり屋で、天然な部分が見受られる。
レイナ・シャルトール……コウたちのクラスを受け持つ先生。かなり適当なので「ミス・アバウト」の称号を受けているのはここだけの話。コウは昔の彼女を知っているようで、しかし学校ではお互いそんな素振りを見せないが・・・?
ツヅキ・セナ……コウの友人。魔法薬の調合に長けており、その気になれば本職としてもやっていけるだろうと言われている。しかし彼がくれる魔法薬は違法ぎりぎりの危なげな魔法薬ばかりなのでご注意。

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
魔法学校が舞台の選択肢なしノベル。

商業でもそうですが、この手のかわいい女の子が多く出てくるゲームではくどいくらい日常描写が続くものが多いです。それはもううんざりするくらいに。ですがこちらの作品は、序盤の日常部分から『?』と思わせる事件への伏線を絡ませていて飽きさせないのです。
キャラクターが持つ魅力によるところも多いですね。イジられ役の主人公を筆頭に、魔力の高さをうかがえるものの制御がなってないサヤ、主人公と白熱の舌戦を繰り広げるリナ、かなり怪しげな薬を作り出すツヅキなど、個性的で楽しそうな面々です。出番の多さに比例しているのか微妙に影が薄い部分もあるので、ユズキとツヅキはもうちょっと描写を増やしても良かったかなぁ。

事件が発生するようになってからは普段劣等生な主人公が力の片鱗を見せ始めるので、それからの展開に期待感が膨らみます!その辺りの構成が非常に上手い。
特に面白いのはやっぱり主人公の力の発現イベントでしょうか。スピーディーかつわかりやすい描写で大満足の展開です。主人公が何らかの特別な力を持っていて、それを使って活躍するのは読んでいてワクワクします。やっぱり戦闘シーンがあるゲームはこうでなくっちゃね。

対魔物との戦闘シーンではRPG風なシステムになることがあります。いわゆるコマンド入力方式なのですが、ボタン連打やタイミングよくボタンを押すことで相手へのダメージが変動するミニゲーム形式となっています。結構ハマっちゃいました。でも無理に頑張らなくても調整が入るので、ストーリー進行上違いはありません。

合間に挿入される恋愛要素も見逃せません。しかし!ヒロイン3人とも主人公に友情以上のものを持っているというフラグを立てるだけ立てておいて、なんと誰とも恋愛に発展しないんですよ。もったいない。無理に3人を相手にせず1人に集中して恋愛要素を濃くするか、3人分ルートを作るかしたほうが良かったように思いました。

残念な部分としては、事件を解決した後の余韻を感じさせないぶった切りな終わり方です。後日談的要素もなく戦い終わってそのまま終了してしまうので、『え?もう終わり?』と拍子抜けしてしまいました。もう少し練って欲しかったです。

ツールは吉里吉里。快適ではあるんですが、スキップとオートの境目が曖昧です。『自動的に読み進む』で文字の表示速度が速いものがスキップ、遅いものがオート…みたいな感じです。文字表示速度を遅くしてもオートとしてはかなり早めな速度なので要注意です。その他は使いやすかったですね。

スチルは11枚。もとがシェアだったゲームにしては少なめ。しかも半分は戦闘シーンでのスチルで、『ここで欲しいのに!』と思うところにスチルがないことが多いです。女の子がかわいくて塗りも丁寧。明るい色づかいの美麗絵です。魔法使いらしく箒をあしらったロゴがよかったです。

とにかくほとんどの要素において質の高いゲームです。テンポの良い活劇風ゲームがお好きな方は是非どうぞ。

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/290-c3711f15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。