スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開耶姫の季節 -完全版-(特別版パッチ対応) 


タイトル 開耶姫の季節 -完全版-(特別版パッチ対応)
ジャンル 学園恋愛ADV
使用ツール Livemaker
容量 本体-134MB 特別版パッチ-9.34MB
サイト名  Bjorn&Bjorn
同人サイトとしてのBjorn&Bjornさまは閉鎖されてますので、直接Vectorに繋いでいます。
管理人 結舞昴 さま

***ストーリー***
3年間の締めとなる卒業パーティ、その運営は歴代執行部の伝統。
自らの卒業も間近なある日、前執行部は召集される。
一週間後の祝祭の為の、最後の仕事。
そしてその仕事の終わりは、仲間との別れ。

僕は覚えている。
桜舞う日に、君と出会った。

僕は知っている。
君の笑顔は、何よりも美しいと。

僕は願っている。
桜吹雪が、君を消してしまわないように。


僕は祈っている。
君の未来が、光溢れるものであれと。

(サイトさまより転載)


***キャラクター***
五十嵐 誘(いがらし ゆう)……主人公(名前は変更可能)。前生徒会の執行委員。人当たりがよく、元気で素直だが単純で、七枷とセットで菊池によく苛められている。北原と親友で、甘いもの食べ歩き同盟の盟友。
北原 白(きたはら はく)……元生徒会会長。女。制服に関する校則を変えた実力者。凛としたその外見は近寄りがたそうに見えるが、さばさばした性格で付き合いやすい。言葉遣いがやや古い。小嶋、菊池と付き合いが長い。3Kの一人。
小嶋 聡司(こじま さとし)……前生徒会の副会長。元サッカー部部長。才色を共に備えたオールマイティ人間で、何かと面倒な仕事を押し付けられることが多いが、嫌な顔一つせずに引き受けるキング・オブ・いいひと。菊池、北原と仲が良く、この2人の前では言葉が砕ける。3Kの一人。
菊池 希望(きくち のぞみ)……小嶋の親友。元剣道部。頭の回転が良く、無駄な事を好まない。世界を跨ぐ菊池グループの御曹司。対人の罠の作成や実験が趣味で、その常識からの逸脱っぷりは「鬼畜の菊池」と言われている。3Kの一人。
春夏秋冬 文詠(ひととせ ふみよみ)……前生徒会の会計。元写真部。体が弱く、その儚そうな外見から天使やら妖精やら美化され、本人もそれに相応しいように振舞っているが、普段は女子のことと興味のあることしか考えおらず、いい加減で不誠実。自分の価値を判りきっており、上手に使い分けている。
七枷 神威(ななかせ かむい)……前生徒会の書記。元バスケットボール部。体育会系で、中身も見た目を裏切らない程度に大雑把だが、筆の才がある。面倒見がよく後輩から人気があるが、個性的な友人に囲まれている為存在が薄い。
高倉 知章(たかくら ともあきら)……現生徒会の書記。友人の誘いで生徒会に入り、押し付けられるように実行委員会への補助要員として借り出された。朴念仁。会話のテンポが絶望的によくない。敬語という概念が欠けている。
壬生 契(みぶ ちぎり)……校内でうろうろしている。

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
男性陣ほぼ全員ヒロインに好感を持っている状態でスタートします。個性的だけどカッコいい男性陣に囲まれての作業…。なんてうらやましいんだ。学生時代にこんないい目にあいたかったなぁ。
お遊びの要素としてミニゲーム2種とメールチェックもできます。ミニゲームのほうは操作は単純ですが組み合わせが複雑なので攻略は難しいと思われますが、好感度には関係ないようで一安心。これ攻略してたらいつまでたっても終わらないような気がする…。でもそれぞれかえってくるキャラの反応が違うので、全部見てみたい方は頑張るしかないです。ファイト!


北原 白
制服改革を成し遂げた元スーパー生徒会長っていう設定が凄い。男物の制服が似合いすぎて、女の子の制服着てるところが想像できん!言葉づかいも性格もおっとこ前だからもてるのが良く分かるなぁ。
白ルートは小嶋くんとリンクしている部分が多すぎて代わり映えしないのが残念です。
最後の最後でヒロインの細かな感情に気付いて我が事のようにとる行動が、『親友!』って感じでかっこよかった。でもこのルートでは小嶋くん、ヘタレなんだよね~。
小嶋 聡司
勉強できて運動神経良くて外見はまんま王子様!本当は恋愛に臆病で繊細でヘタレさん。
彼の場合、ヒロインのことを好きだというのがバレバレです。いつ一歩踏み出すのかやきもきしながらプレイしてましたが、春夏秋冬くんも真っ青な甘い台詞と行動を見せたときはびっくりしました。いきなりの大変身っすね。日頃大人しい人はいざというとき開き直っちゃうのかな。…と、そう思ってましたが。
エンディング後の後日談的ストーリーは驚愕です。く、黒い…黒いよコジコジ。サイトさまにに記載のあった『鈍行から暴走機関車にクラスチェンジしました』っていうのがよ~くわかりました…。
菊池 希望
頭脳は優秀なれど、色々と突っ走ってらっしゃるところが魅力?黒髪鬼畜眼鏡は好物ですが、いかんせんシナリオ自体に糖度が足りないような気が…。眼鏡外したスチルは確かに萌えでしたけれども!
ヒロインが菊地くんを好きになっていくような会話やイベントがあまりなかったし、それまで他キャラが恋愛面で絡むことも控えめだったんで、後半になってやっと『これって三角関係シナリオだったんだね』と気付きました。ちょっぴりドロドロな、あんな展開は予想してませんでしたよ。
シナリオが追加されるので、菊池くんは小嶋くんのあとにクリアすることをオススメします。
春夏秋冬 文詠
彼はやっぱり最初の印象が良くないですよね。ナンパで軽いイメージで、生徒会以外の人にはつくった顔しか晒さない。それにはちゃんと理由があるわけですけどね。エロ度高いよ(笑)。
保健室でのイベント後の独り言で、初めて彼のジレンマともいうべき部分に触れて切なくなっちゃいました。このイベント翌日のヒロインに、それに関して顕著な反応が見られなかったのがちょっと不自然だったかも。
彼がなかなかディープな生活をしてたってのは意外でしたが、終盤もダントツの意外性。…こうきたか!しかも一度勘違いさせておいて実は…なシナリオ展開にはハラハラしました。
七枷 神威
正統派学園恋愛キャラ担当。イジられ属性で苦労性の人なので、可哀想に思うことがしばしば。でも基本男らしいので、イベントもときめきの乙女ゲーらしいものが多くて楽しめました。2人の気持ちが近付いていく…といった要素が一番濃かったので、素直に恋愛の過程を辿ることが出来ました。こう、少しづつステップ踏んでいく流れが萌えですよね~。
夜の校舎イベントがドキドキしましたね。スチルもよかったし。なんかこう、恋愛初期のもどかしさとドキドキが感じられるナイスイベント。
卒業式後の桜の木の下でのイベントでは煮え切らない態度にガックリしましたが、後日談で男らしさがアップしてたのでちょっとドキドキ。でも成長しても菊地くんからは逃れられないのね。
高倉 知章
こいつ…かわいすぎるっ!独特なテンポに最初はイラッとしたのですが、一途で一生懸命なところが感じられるようになってからは印象が変わりましたね。この子もヒロインに前々から想いを寄せてたのね~。好き好きなオーラを匂わせる会話が多いのが微笑ましいよ、うん。何気に【京都弁】がポイント高かった(え?鳴海だけデスカ?)。
エンディング後の後日談でも力関係が変わってなくて笑えましたが、だからこそほのぼのな関係が保たれてるのかもですね。相変わらずシャイな部分がやっぱりかわいかったです。
壬生 契
他ルートとは趣の異なる特殊ルート。ある意味真ルートなのでしょうか。伝奇とか和風ファンタジーの様相で、『開耶姫の季節』というゲームの世界観が別角度から明かされている感じ。隠しキャラではなく外伝的なものとして、もっと深く突っ込んだシナリオで楽しみたいと思いました。実際これだけでは謎が残りすぎててスッキリしません~!すっきりとしたハッピーエンドで終わりませんので、是非完全無欠に幸せになる展開のゲームを作ってもらいたいですね。
それにしてもこのルートのスチル、ものすごい力入ってるような気が。すっごく色っぽくてカッコいいです。かなり好きv


ツールはLivemaker。セーブ・ロードではセーブ時の画面表示があったり、スキップでは既読分だと選択肢を選んだ後もスキップが継続されたり、こまかな配慮が感じられて使いやすいです。バックログがちょっと見づらかったかな?
一周目をクリアすると、全体パートの好感度に影響しないシナリオを排除した徹底攻略モードに移行でき、ミニゲームやメール部分も飛ばせます。しかもEDを迎えたキャラクターは一定条件で攻略中のキャラクターに絡んできたりして、追加シナリオを楽しむことができます。飽きさせない工夫が満載でした。
上記理由により、再プレイは最初からがオススメです。セーブしたところから再プレイだと、追加シナリオ分が楽しめない場合があります。

スチルは35枚。立ち絵も含めスチルは美麗でレベル高し!立ち絵は目パチもします。バックに桜の花びらが散ったりもするし、映像的にも綺麗で凝ってるな~と思いました。スチルは鑑賞モードがありますので、たっぷり堪能できます。


共通パートが多めなので、各ルートの盛り上がりが後半に集中しすぎた点が非常に残念。ほとんどのルートではヒロインが相手キャラに想いを寄せていくような機微があまり見られないため、両思いになってもそれが唐突に感じられたりしました。もっとヒロインの心情を見せたほうがよかったのではないかと思います。
とはいえここまで充実したゲームがフリーで楽しめるのは驚愕の域。

オススメです。


***備考***
攻略は結構大変ですが、『開耶姫の季節 攻略』で検索かけると複数攻略を扱ってらっしゃるサイトさまがヒットしますのでそちらにどうぞ。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/294-6c918460

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。