スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***12禁*** フリークス・ラウンジ第二話 奇想曲[カプリス] 


ジャンル ビジュアルサウンドノベル
公開日 2007.11.05
使用ツール Live Maker
容量 78.6MB
総プレイ時間 6~7時間くらい
サイト名  フリークスラウンジ
管理人名 Tellmin’ さま
コメント
***ストーリー***
遂に停滞していたユーラシア戦線が再開された。
対フロンツェル皇国戦、国境線奪取の任務についた特務部隊――フリークス・ラウンジの面々。
しかし持ち前の個性の強さが災いし、一向にまとまる気配のない小隊と
悪転する状況、渦巻いたまま晴れない謎に徐々に疲れを見せる森羅。
そんな折、外道こと霧坏十織の昇進に続き新たな道を開かれた森羅が選ぶのは
特務部の司令官を現状のまま続ける道か、
それともラウンジとの決別か……。

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***感想***
第一作のパワーも損なわれず、圧倒的な面白さでもって突き進む第二作!プレイし始めたら止まらないという、鳴海の大好きなシリーズですv そのくせレビューが何故遅かったのか……答え:もうレビューさせていただいていたつもりだったからです。(はい、バカです……)
今回は個別ルート(?)というのでしょうか、グラムグナッシュと飛龍&夏龍に焦点を当てたルートとダイジェストルート(いわゆるノーマルルート、かな)がプレイできます。

グラムグナッシュルート
フリークスでありながらノーマルな精神も併せ持つゆえに悩みも深い人。今回も第一話同様悩みまくってます。フリークスである自分を厭いつつ、そしてメスで肉体を切り裂くことに悦びを感じる自分を恥じる部分では、卑怯さと哀れさを感じさせてくれます。日常部分では一見貧乏くじを引きがちな押しの弱いところがいい(笑)。

飛龍&夏龍ルート
飛龍&夏龍の過去を絡ませながらシリアスな展開を見せてくれて、プレイしながらドキドキでした!お笑い的な要素もまた面白くってたまらんv 特にキョンシーならではの甦りはすごかった。森羅とグラムとのやり取りは最高です!まじ必見。キリコネグネリアとの戦いはまさに息つまる攻防で、目が離せない展開でしたね~。


ギャラリーのスチルは豊富でカッコよすぎ!各エンディングに流れるムービーまで閲覧できます。モノクロ線画風なムービーではさらにTellmin’さまの絵の魅力に溢れていて素敵すぎるんです!!
クリア後のおまけの充実具合も素晴らしいです。企画っぽいものからフリー絵閲覧まで、じっくりフリークスラウンジの世界を堪能できます。

どのキャラクターもありすぎるほどの存在感に溢れているのに、そのキャラクターに負けてないシナリオが凄い。フリークスな登場人物は当然多いですが、さらにフリークスなキャラが増えてどうまとめ上げるんだろう。新たなフリークスたちにも期待してしまいます。ポイントはやっぱりルドログでしょう!謎な部分が気になります。
自分たちが所属している軍への不信感や、飛龍&夏龍や森羅について明らかにされてないこと、クルツワードという存在など伏線張りまくられてるので回収が大変だろうなぁ。
最終話、期待度大でお待ちしてます♪


***備考***
攻略です。反転してくださいね。


東部地区へ移動する → 川の方に行く → 食堂に行く → しばらく待ってみる → 全員のプロフィールを確認しておく 【飛龍&夏龍ルート】

東部地区へ移動する → 炊事場の方に行く → 図書館に行く → しばらく待ってみる → 全員のプロフィールを確認しておく 【グラムグナッシュルート】

通信内容を伝えて訓練を続ける → 外に出る → そのまま休ませる
【ダイジェストルート】


 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/378-f8270e24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。