スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***16推*** Jigsaw If 
配布終了ゲーム

ジャンル 16推ノベルゲーム
公開日 2009.04.01~2009.04.末(5月初め?)までの限定配布
使用ツール 吉里吉里2/KAG3
容量 5.26MB
総プレイ時間 10分くらい
サイト名  さより文庫
管理人名 さより さま

***ストーリー***
時間は常に前向きだ。決して後ろを振り返らず、臆することなく、常に前へ前へと突き進む。
その潔さは好ましいものだが、しかし、それでも、と思う。
もしも、あの時、もうひとつの選択肢を選んでいたなら。
違う道に進んだ、未知の"僕"はどのような大人になっていたのか。

(ゲーム冒頭より抜粋)


感想は↓より


***感想***
待ってました!!
本編で宦官だった故にか(いや、性格故にか…)攻略対象ではないことが非常に惜しまれた、ユーグの『もしも…』ストーリー!【玄妙なる箱】と【解剖劇場の子】の2本立て短編集で、どちらもユーグ中心となっています。
本編をプレイしていないと『???』なネタが含まれる為、まずは本編プレイを推奨。
【玄妙なる箱】:宦官になる前の時間軸へと飛ばされるユーグとティファレト。全てにおいて自分の好奇心を満たすことが最優先なユーグらしい言動全開です。ティファレトの「……ユーグは本当に、昔から、ユーグのままなんだね」という台詞が全てを物語っているような気も…。プレイしていて「この2人が大好きだ~!」と再確認してしまいました。
【解剖劇場の子】:ユーグの子供時代?タイトルからしてユーグらしさが溢れてます(笑)。気に入らない大人をやり込めたりと、昔から無敵だったんだな~。本当なのかどうかは最終的には曖昧なのですが、本当でもおかしくないと思えるところがユーグですよね。「謎が残った方が~」と言いつつ、十分彼はいろんな部分が謎だらけのままだと思います。
ユーグ好きにはたまらんゲーでした!もうこれは個人的永久保存版ですよ。

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/415-9bdbc410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。