***15禁*** 王様ゲーム 
公開日 2010.02.09
ジャンル 女性向けサスペンスAVG
使用ツール 吉里吉里2/KAG3
容量 解凍前-91.7MB 解凍後-36.9MB
総プレイ時間  7~9時間
サイト名  柳暗華明
管理人名 鈴 さま&祥 さま

***ストーリー***
2025年6月3日―――

ふと目を覚ませばそこは知らない天井、知らない部屋だった。
そして、その部屋には窓がないことに疑問を覚えた。

混乱する頭で主人公は気が付く。
ここがどこか判らない事よりも、もっと大切なことがあることを。

―――彼女は自分が誰か判らなかった。

覚えているのは二宮氷雨という名前だけ。
それ以外は何も思い出せなかった。

そして彼女を訪ねて部屋にやってきたのは『窓のない屋敷』の執事である男。
執事から聞かされた事により判ったのは自分がこの『窓のない屋敷』の主のゲストであること。
自分が王様ゲームなどという訳の判らないゲームに巻き込まれたこと。

『窓のない屋敷』には彼女のほかに3人のゲストが呼ばれていた。

そして屋敷の主はのたまう―――


『さぁ、王様ゲームを始めよう。一億かけた生き残りゲームを』

(サイトさまより転載)

***キャラクター***
二宮 氷雨(にのみや ひさめ/名前変換可)……主人公。推定年齢24~6歳ぐらい。記憶喪失で名前以外何も覚えていない。『窓のない屋敷』の紅一点である。特に記憶喪失のことは悩んでも仕方ないと前向きにしている。 
桂坂 栄司(かつらざか えいじ)……31歳。ゲームの参加自体は正直美味しい話だとは思っているがゲームよりも屋敷を怪しんでいるため、逃げ出すことを第一には考えている。冷静で割と冷たい物言いな男。常識はあるが常識に囚われずに動く所がある。エリート商社マンらしい。ちなみに、参加すること自体は自ら署名を押したが誘拐まがいな方法で連れてこられた。
久留米 朱音(くるめ あかね)……25歳。わりと中性的な外見をしている。女性と間違われることもしばしば。王様ゲームには栄司と同じく美味しい話だとは思っている。普段穏やかで落ち着いているように見えるが実はかなり気性が荒く酷いことでも平然とする。ただし気に入ったものに対してはかなり面倒見が良く、可愛がったりする一面も。普段は夜のお仕事をしている。
名前不明(便宜上:少年)……推定年齢17~18歳。氷雨と同じくして記憶喪失の少年。彼の場合は名前すらも思い出せない。『窓のない屋敷』に来た経緯も全く思い出せない。温和な性格で、争いを好まない。彼は招待状だけを持って屋敷の前にたたずんでいたらしい。
美作 涼(みまさか りょう)……27歳。『窓のない屋敷』の執事をしている。物腰が柔らかい男。しかし胡散臭い笑顔を振りまく。自称『蛇』と言っているがその真意は不明。屋敷内では家事全般取り仕切る。というか使用人は涼しか居ない。料理に関しては絶品。リクエストを出されればほぼ応える事が可能。

(サイトさまより転載)

感想は↓より
***感想***
~プレイ前の注意事項~
 本作品はバッドエンド至上主義な方向けに制作しております。
 お話の都合上、暴力表現・グロテスクが多数存在します。
 とりわけ、恋愛要素ありのゲームにバッド・デッド等のエンドは不必要orむしろ嫌悪な方は
 プレイされないようお願いします。

 ぬるいですが性描写(事後程度)あり。  (サイトさまより転載)


制作者さまが「バッドエンド至上主義な方向けに制作しております」といわれるだけあってとにかくバッドエンドの数が多く、エンド回収がかなり大変。サイトさまでは【総プレイ時間7~9時間】となっていますが、自力コンプを目指すと10時間以上余裕でかかっちゃいます。難易度は高めです。

今までプレイした『バッドエンドを楽しむ』という部分にある程度の主眼が置かれているゲームでは、結構理不尽なエンドが多くてストーリーもある程度先が読めてしまうものが多かったのですが…。
こちらのゲームではストーリーからその構成までかなり考えられていて、バッドエンドだけではなくシナリオそのものまで楽しんでプレイさせていただきました♪
欲をいうと氷雨が刃物を持つパターンでのバッドエンドがワンパターンになりがちだったので、もうちょっと工夫が欲しかったかな。

攻略キャラは4人。各ルート、グッドエンドやトゥルーエンドは比較的簡単に辿りつけます。
栄司と朱音ルートではどのエンドを迎えても真実はわからないまま。プレイしていて、記憶喪失になった原因、窓のない屋敷、KINGのカードの意味、そして「王様ゲーム」の本当の目的など、散りばめられた謎が気になって仕方なくなりました。
少年ルートと涼ルートで少しづつ真実が明らかにされていく過程に突入すると、もう面白さでPCから離れられなくなりますよ!なにしろ「うぁ~、どんでん返し!」と思ってプレイしていたら、最後の最後でさらに裏に隠れる大どんでん返しが待ってるんですから♪
いい意味で「やられた…」って感じですね。思ってもみなかった展開と細部まで練りこまれた設定とシナリオに脱帽です。

栄司
こういう冷静な大人キャラは大好物ですv 彼のルートではちょっとした大人の駆け引きっぽい部分でも楽しめました。「目的の為なら手段は選ばず」の典型タイプなせいか、どのルートでも大活躍。
朱音
一人称が「私」なので、最初はソッチ方面の人かと思ってしまいました。朱音、ゴメン!ルートに入ると面倒見の良さを発揮。なかなかラブラブな空気を醸し出してくれますが、バッドでは「すげぇ…」の一言かも。
少年
意外性ナンバーワンなキャラ。最初あんまり注意せずプレイしていたんですが、途中からは大注目…というより目が離せませんでした。ラブ的な部分でも頑張ってくれますよ。

執事~!腹黒執事~!明らかに何かを腹に抱えている風なんですが、そこがまたいいんですよね~。少年に続いてなかなか見せてくれるシーンが多いです。が!台所はマズイと思う(笑)。


各キャラのベストエンドを見るとスタート画面から【CHAPTER】が選択できるようになります。
この【CHAPTER】がわかりやすくて、フルに活用させていただきました。何日目とかイベントなど、クリックでそのシーンへ飛ぶことができます(要プレイ済シーン)。エンドの分岐などが一目でわかるので、そこからバッドエンドなどを拾っていけば攻略しやすいと思います。

EDリストは、バッドエンドにも攻略キャラ名があった方がわかりやすかったように思います。
スチルは26枚+α(差分抜き)。ラブ的スチルもダークなスチルもあって大満足です。
フルコンプ後には各キャラのプロフィールが出現。これがかなり詳細に設定されていて読み応えあり!

キャラの設定上ゲーム中に「たう」や「はぶてる」等の方言がいくつかでてきます。自分が山〇県出身なので、妙に懐かしかったですv(ちなみに「たう」は「届く」、「はぶてる」は「拗ねる」という意味です)

***備考***
サイトさまに攻略があります!
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/504-302723df