スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖刀マカロニウエスタン 
公開日  2010.04
ジャンル 西部劇風ギャグテイストADV
使用ツール NScripter
容量 解凍前-30.2MB 解凍後-33.0MB
総プレイ時間 20分くらい
サイト名  空部屋空言
管理人 phi さま

***ストーリー***
時は開拓時代。亜米利加にて。
砂嵐吹き荒ぶ未開の大地、短剣一つ携え往く者あり。
一度抜けば人を祟る、災い振り撒く妖刀魔剣。
立ちはだかるは無法者の三十丁拳銃。
『銃は剣よりも強し』後の世、名言と語り継がれるか否か。
弾丸(たま)をも切り裂く妖刀活劇。ここに開演。

(Vectorさま紹介文より転載)

感想は↓より

***感想***
「ウェスタンなのに妖刀?」と気になりプレイしてみた作品。
当たりでした!面白い!

ストーリーはシンプルで、妖刀(オプション:呪い)を手に入れたことで不幸に見舞われる男がそんなこんなで30人の無法者と活劇を繰り広げる──というもの。
活劇なのですが、そういう意味でもギャグという意味でもハイテンションというわけではなく、どこか他人事のような淡々とした印象の残る文体です。そんな中演出が光ってましたね。
妖刀を手に入れたときなどの、あのファミコンRPGな表現。音も相まって思わずクスリとしてしまいましたw。
マスターの荒唐無稽さ。『妖刀』という時点でマスターのような存在は想像してしかるべきことだったかもですね。ただ立場はともかく、教える技と言動がちょっと変わってるというかなんというか(苦笑)。それについていくウィリアムもすごいよ。結局新技会得してしまった訳だし。
そして重要な活劇部分。きっちり相手を叩き伏せて(?)、なおかつ笑いも忘れずに組み込まれた戦いはさすがです。日本の時代劇の面白さにも通じる、お約束的なちょっとした危機もありました♪
大爆笑…というわけではありませんが、思わずクスリと湧き起こる笑いに病み付きになっちゃいそうでした。プレイ時間が20分程度と短めなのが非常に残念です。もっと楽しみたかった…!
文章は少し荒さも感じられますが、メタ要素が嫌味なく加わっていて絶妙だったと思います。

個人的に一番お気に入りの一文。
捕らえられたビルが貼り付けにされ、縄でぐるぐる巻きのハム状態になったあとの一文は最高!予想を見事に表した一文だったと思います。
笑わせていただきましたv

そして気になったこと。
ビルのその後と、妖刀のその後。
特に妖刀に関しては、設定上困ったことがどうこう以前に、すぐにウィリアムの元に戻ってきそうなんですけど。どうなんだろう。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/544-562ed6cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。