スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月夜に響くノクターン Rebirth 


公開日  2009.09(?)
ジャンル ドラマチックRPG(ダークファンタジー?)
使用ツール RPGツクールXP
容量 解凍前-287MB 解凍後-293MB
総プレイ時間 30時間はプレイしたような……?
サイト名 月夜に響くノクターンRebirth公式サイト
サイトさま閉鎖?DLはこちら(Vector)から。
管理人名 ショウ さま

***ストーリー***
永劫の夜の闇を生きるもの、吸血鬼。
彼等にとってはヒトの命など何の事はない。そこ等に転がってる石ころと同じ。
なんのためらいもなく蹴飛ばせる存在である。

一人の女が、森の中を走っていた。
後ろには、女を追っているであろう賊が三人。
そこへ通りかかった黒衣の男が、襲い掛かってきた賊をあっさりと一蹴した。
助けられたと思った女は男にお礼がしたいと言い、村まで来て欲しいという。
……ヒトの顔をした悪魔は嗤う。
獲物は、多い方がいい……。

(サイトさまより転載)

感想は↓より
***感想***
【RPGツクール】の印象をガラリと変えてくれた一作!
ストーリー、バトルシステム、音楽、グラフィック、全てにおいて商業ゲームと見まごうかのような素晴らしさ。思いっきりハマッてプレイしてしまいましたv

ストーリー
シリアスめなストーリーで、主人公はRPG定番の勇者とは対極ともいえる闇の世界を生きる者。
ストーリー進行部分(会話部分)がダラダラしていないので、さっくりわかりやすくプレイできました。
レヴィエルの心理的な流れやカオスとのイベントなど、はっきりいって萌えの嵐!でしたね。確かにキャラ的に痛い部分も否めませんが(笑)、ツボを押さえた王道感動ストーリー!
ストーリーがしっかりしていたからこそどっぷり長時間楽しくプレイできたんだと思います。

キャラクター
もうね、10分もプレイしてみればよくわかるんじゃないかと。ここまでイライラさせられたヒロインは久しぶりかも。あまりに凄いので最終的には逆にそれを楽しんでいた部分が無きにしも非ずです(苦笑)。卑屈というか考えなしというか無謀というか。他キャラのほとんどがカッコよくて、いろいろな思想を持ち、それを魅力にして味を出していただけに、彼女との差は凄まじい。
そもそも自分の実力を弁えずでしゃばるヒロインって、一番苦手なんだよ……。

システム
レベルアップがオートではなく、自分でどの部分を強化するかを考えながら任意で成長させていきます。もちろんそのためには敵を倒したときに得られる経験値が必要です。これからの戦闘がスムーズに進められるかを左右するだけに、そういった部分を考える余地があるのは非常に面白いです。
敵が落とす『コア・オブジェクト』というアイテムで使い魔を召還できるのもいいですね。使い魔=モンスターで、それぞれの特色(メリット・デメリット部分や使いやすさ)を考えながら試行錯誤したり。やりこみ派にはたまらないのでは?

RPGといえばダンジョン。こちらのゲームにはこのダンジョンに挑む上で『Brave Level』というものがあります。『Brave Level』、すなわち低レベルクリアの目安となる指数ですね。
これが非常に厳しい!
設定されているBrave Levelでのクリアを目指そうとするならば、布陣やレベルアップや所持アイテムなど、微に入り細に入り考える必要がありそうです。
残念ながら鳴海は自他共に認めるヌルゲーマーなので、思いっきりレベル上げて進めましたけど(笑)。

バトルシステム
サイドビューのアクティブバトル形式。「FFみたいな感じ」と思っていただければいいのかな?
ドットとか細かくされていて、とにかく動きが滑らかで魔術や特殊攻撃などの演出は秀逸。というか、商業ゲーム以外でここまで素晴らしいゲームは初めてプレイしました。

音楽&グラフィック
こちらのゲームで他のRPG系フリゲの追随を許さない圧倒的ともいえる部分が、グラフィックや音楽です。
キャラグラと立ち絵とイベント絵はそれぞれ別の絵師さまらしいのですが、それらに違和感を感じさせない監修はお見事。しかもそれら全てが美麗でクオリティが高いのですから、ゲーム自体の質の高さが伺えると思います。
ドットの動きも細かくて、序盤のカオスの屋敷でのティーセットの動きやキャラの手足の動きには驚愕を隠せません。
音楽という要素においても、このゲームを120%と言ってもいいくらいに盛り上げていたと思います。場面に合った耳に残る素敵な曲の数々は、どれも甲乙つけがたいくらい素晴らしいです。

初心者から熟練者まで、幅広く楽しめるように練りこまれたシステムには脱帽です。コレクター魂に火をつけてくれる要素もあって、たっぷりじっくりプレイすることができる作品だと思いました。
興味をもたれた方は是非お試しくださいね!

***備考***
攻略は 月夜に響くノクターン Rebirth 攻略wiki へどうぞ!

それにしても、カラミティうさぎは凶悪だった……(笑)!
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/570-13da5414

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。