与那城探偵事務所 『雨上がりの窓辺』 


公開日 2009.09.04
ジャンル 探偵系ADV
使用ツール 吉里吉里2/KAG3
容量 解凍前-153MB 解凍後-188MB
総プレイ時間 4時間くらい
エピローグ数 最終的に5つに分岐
サイト名  与那城探偵事務所 『雨上がりの窓辺』
管理人名 来須磨 港(トワイライト) さま

***ストーリー***
◆File01「My Dear...」 シナリオ執筆者:来須磨 港 さま
あやめ(友人)の家のポストに不審な手紙が届いた為
調査に乗り出す楓と智香。
犯人を探すうちに、意外な真実が見付かる事に……。

◆File02-A「黒猫を捜して」 シナリオ執筆者:暁月ゆか さま
中学生の少女から、迷子になった猫を捜して欲しいという依頼。
楓は公園や路地裏、商店街など猫の集まる場所を求めて捜し回る。

◆File02-B「うつわ」 シナリオ執筆者:混香 さま
ある陶工のアトリエを買い取りたいというクライアントのため
オーナーを説得しようとする楓だったが、頑なに拒否される。
2人の女が強い想いを抱くアトリエに隠されているのは……
※この事件シナリオには流血表現を含むスチルが含まれています。

◆File03-A「family confidential」 シナリオ執筆者:松平もも太
女子高生・平野ちづるが持ち込んだ依頼は
「ケータイのロックを解除してほしい」という内容だった。
気が進まずに断る楓だったが……。

◆File03-B「Summer night melody」 シナリオ執筆者:来須磨 港 さま
中学校の教師、川越夏樹から不思議な依頼を請ける。
話を聞くと、図書室に現れる幽霊を調査して欲しいとの事。
調査当日、一郎や智香が調査に参加してきて……。

◆File04-A「蛭子御霊鎮ノ儀」 シナリオ執筆者:くまの さま
「主人の不安を取り除いて欲しい」という
メイドの依頼を受け、山間の小さな村へ
調査に向かった楓と彰吾だったが……。

◆File04-B「for your truth」 シナリオ執筆者:七瀬柚月 さま
1通の手紙とクライアントと彼女の亡き恋人。
『今はいない恋人から贈られたものを探して欲しい』
その依頼を解決すべく調査を始める楓と彰吾。
クライアントが、贈られたものとは……?

(サイトさまより転載)

感想は↓より
***感想***
「探偵もの」ということで、小さな事件から少し大掛かりな事件まで数多くの事件がプレイできます。
サイトさまに注意書きがありますが、【この作品のジャンルは「探偵もの」であり「推理ゲーム」ではありません】ということをよくご理解の上プレイしてくださいね。
個人的にはプレイヤーに推理させて解決を促す「推理ゲーム」ではなくて、「雰囲気を楽しむ」という要素もある「探偵もの」だったからこそ、楓や彰吾というキャラクターが活きていたのだと思います。
確かに「推理」には重点が置かれていませんが、キャラクターの背景等も織り交ぜてあってミステリ的な空気と人間模様を味わうのにピッタリです。「推理」要素が全くないわけでもありませんので、幅広くプレイヤーが楽しめると思います。

選択肢は少数から多数事件によって前後しますが、そこまで複雑な分岐はありません。大抵一本道だったりするので事件に関しては総当りで全ルートコンプできます。
難しいのはエピローグコンプです。
事件は1プレイで全てプレイできるわけではなく、途中から依頼をABどちらか選んでストーリーを進める事になります。このとき選んだ依頼によってもエピローグが左右される事になりますので、まずは全ての依頼をプレイしてみてからエピローグコンプに挑みましょう。
サイトさまに行き着きにくいエピローグのヒントと、File03-B「Summer night melody」のみ完全攻略があります。
エピローグに関しては私も参考にさせていただきました。

File01「My Dear...」
楓が祖父の探偵事務所を再開させる切欠となるストーリーです。彰吾と一郎の出会いもこのお話。
定番な推理を必要としますので、手紙は注意深く観察してみてくださいね。
キャラクターの立ち位置を理解するという意味合いが強いストーリーだと思いますが、そんな中事件面でも色あせず印象を残してくれたと思います。この展開には弱いなぁ。

File02-A「黒猫を捜して」
何度プレイしてもすんなり解決してしまって、他ルートに入るのに苦労しました(苦笑)。
人の話(聞き込み)をよく聞いていれば大丈夫です。
かわいい依頼人と猫さんスチルにメロメロですv (鳴海は猫派)

File02-B「うつわ」
皆でハッピーなルートもあれば、ダークな展開を見せたりも。いいですよね、愛憎渦巻くダークな展開v
彰吾の問題も絡めてあり、重苦しさ満点です。
アトリエに関しては統一されていた「色」で大体の展開は予想できましたが、わかっていてもなかなかブラックな人間模様でした。こういう感じ、大好きですけどね。

File03-A「family confidential」
推理的要素が控えめで、気軽にプレイできるシナリオでした。家族の絆は大事ですよね!
読み進めていて、ちゃんとどんでん返しがあって「ほっ」としました。逆に他の人間に対して「お前が原因かっ!」なんて思ってしまいましたけど(笑)。

File03-B「Summer night melody」
一郎好きさんにとっては待ちに待ったシナリオです。一郎と彰吾の関係や一郎の恋愛面など、見所がたくさんあります。それに智香が加わって随分とにぎやかなグループ結成ですよ。読み進めながら「いや、これ仕事中だから!」と何度突っ込んだことか!そこが智香の良さといえば良さですけどね。
一郎と犯人の犯行動機がシンクロしてしまって、ちょっと胸が痛くなったりも……。

File04-A「蛭子御霊鎮ノ儀」
ちょっと閉鎖的な村を舞台に「古くから伝わる村の因習」など大好きな雰囲気が漂っていたので、気合入れてプレイしてしまいました(笑)。
あくまで短編ミステリなのである程度凝縮されていますが、洋館あり、意外などんでん返しありで大満足!
小道具も上手く使われていたし、選択肢が多くもなく少なくもなくでストーリーを楽しめたのもよかったと思います。
横溝テイストがお好きな方なら存分に楽しめるストーリーですね。

File04-B「for your truth」
ものすごく練られた繊細さも感じさせるストーリーでした。伏線の使い方や回収の仕方がこのゲームの中では随一ではないかと思います。
プレイヤーが推理する要素は薄いですが、ストーリーに組み込まれている推理要素及びその解決に対しての展開はミステリ感が溢れていましたし、その後の依頼人の背景の描写は感動すら与えてくれました。


エピローグは一郎エンドに苦労しました。サイトさまのヒントを見てもなかなか見れませんでしたし。
いろいろ事件の組み合わせを考えて、ポイントも考慮して、やっとエピローグを迎えたときにはかなり感動してしまいました。
正直、いろいろ問題を抱えている彰吾とのエピローグよりも感動したかもしれない(笑)。
楓の性格もあってラブラブとはいきませんが、これからの2人を考えると微笑ましすぎて和みました。

EXTRAではCGとエンドリスト以外にも、お遊び要素のアイテムリスト、ムービー閲覧も出来ます。
システムも使いやすかったです。


ミステリ好きな方はもちろん、そうでない方も楽しめる一作だと思います!
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/596-5a52e90d