スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おほしさまのうた 
配布終了ゲーム

公開期間 2010.07.07~2010.07.20
ジャンル 七夕限定短編アドベンチャー
使用ツール LiveMaker
容量 解凍前-6.69MB 解凍後-8.22MB
総プレイ時間 おまけのストーリーピース込みで1時間~1時間30分くらい 
          初回プレイは30分くらい
サイト名  波風の詩
管理人名 佐渡 琉華 さま 

***ストーリー***
織姫様と彦星様が年に一度会える大切な日、七夕。

私は二人の逢瀬を手伝うために
七夕前の4日の間、名前と自我を持つ事を
許された小さな星だ。

相方のヒバナと共に天の川付近の雨雲を
見つけたら風神様に報告したり
橋をかけやすくするための雑用を手伝ったり。

毎年毎年行うちょっとしたお仕事。

今年もまた・・
そんな四日間が始まる。

(サイトさまより転載)


***キャラクター***
美空(名前変更可)……本編主人公。織姫様の付き人と七夕祭りまでの準備をする為に自我を与えられた元・名も無い星。性格は優しいのか意地悪なのかとても微妙。キャラに優しくするも意地悪するもプレイヤーさんの選択肢次第。
火花(ヒバナ)……彦星様の付き人と七夕祭りまでの準備をする為に自我を与えられた元・名も無い星。美空の事を気にかけており何かと世話を焼く。その感情は友情や仲間意識ではなく紛れも無い恋愛感情。物凄く分かりやすいのにあまり意識されていない。嫉妬深いがへたれである。
風雅(フウガ)……風を操る精霊の一族の青年。年若いが、一族の中で一番力があり風神と呼ばれている。七夕の際、雨雲を払ったり払わなかったりする。美空の事を気に入っており構いたがる。スキンシップ大好きなのでヒバナからはうざがられてる。あちこち風に乗って旅行するせいで言葉遣いが定まらない。現在は関西弁。
星彦(ホシヒコ)……七夕祭り限定で天の川にやってくるカササギの少年で織姫様と彦星様のために天の川に橋をかける大工である。橋をかけやすいように星の量を調節したり渡り易い場所を探したりと、色々拘った仕事をする。作業要員のカササギたちがとても不真面目なのが悩みの種。怒りっぽいが、ユーモアのある人物。・・と言うと聞こえが良いがただの変人である

(サイトさまより転載)


感想は↓より

***ストーリー***
七夕限定ゲーム。配布期間がもうすぐ終了しますので、気になる方はお早めにDLしてくださいね。

七夕ゲームに相応しい舞台設定の中で、キャラが生き生きとしていました。どのキャラも憎めないv(唯一の例外はストーリーピースの○帝か?腹立たしいけど存在の意義レベルが違うので仕方ないのかな)
天然ヒロインの美空のお約束ともいうべき鈍さはもう犯罪レベルで、プレイしていて火花が途轍もなく可哀想になりました。その鈍さがかわいいんだけれども!
その鈍さに対して強気に迫れないヘタレ火花くんも非常にかわいかったです。


火花
これ以上ないってくらいのオトメン!美空のちょっとした一言ににときめいたり一喜一憂したりと、頬を染めた姿が印象的でした。火花ルートの見所はこの火花の乙女っぷりといっても過言ではないでしょう。
火花の言動には美空への想いが溢れているのが丸分かり。おそらく美空以外から見たら一目瞭然なんでしょうね~。
2エンド中1つは意外な選択肢を選ぶ必要あり。ここの部分でちょっと苦労してしまいました。バッドエンドではないですが(ちゃんと甘~い展開)、この選択肢を選ぶ事に軽く衝撃(笑)。

風雅
明るくテンション高めな関西弁の風神さま。風の神らしく自由人っぽさが出ていたと思います。
彼はとにかく表情豊か。美空に構いたがる時点で火花と同じ穴の狢な訳ですが、火花よりも好意を持っている部分を前面に押し出していて行動的でした。そこがまた魅力的なんですよ。
ただ彼のルートの場合、どうしても火花が可哀想に思えてしまうんですよね。そういう意味では後味悪いかも。
普段見せている姿とは相反するバックグラウンドや気になる伏線は、ストーリーピースで明らかになります。

星彦
攻略対象キャラではありません。ないのですが、特筆したくなってしまうくらいに男前でかわいい大工さんなのです。怒りの立ち絵がたまらなく好きだ!


火花と風雅のエンドを各2種ずつクリアして後書きを読むことで、ストーリーピース(おまけの小話)への道が開きます。
サイトさまに
★鬱展開・・というか、本編後のおまけに後味の悪い要素があります。
  注意書きはついていますが苦手な方はご注意ください。
との注意書きがあります。気になる方はお気をつけください。
私的にはそこまで鬱とは思いませんでした。こちらを読むことでストーリーに深みが増したと思います。

スチルは7枚。淡い色合いでやわらかい雰囲気のスチルです。
本編プレイ中にたまにデフォルメされたちびキャラが表示される事があるのですが、それも閲覧可能だとよかったのになぁ~、と思いました。もう強烈にかわいいんですよv
天の川付近での行動が多い為、背景画像はほとんどが星空です。これがまた綺麗で七夕にぴったり。星空の種類も何種かあるので、そこらへんにも注目してプレイしていただきたいと思います。


波風の詩さまのゲームは、「プレイヤーに感じさせる力」や「伝わってくる雰囲気」に透明感があるんですよね~。
こちらのゲームもバッドエンドなしでほのぼのとした空気感が漂っていました。
でもそれだけではなく、どことなく切なさも伝わってくる素敵なゲームだったと思います。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/602-54268cf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。