スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽霊探偵 ~最後の事件~ 


公開日 2010.08.13
ジャンル 超宇宙級探偵空想科学ADV
使用ツール RPGツクールXP
容量 解凍前-87.4MB 解凍後-90.7MB
プレイ時間 メインルートクリアだと1~2時間くらい
         探索等やりこむと4時間くらい
サイト名  睡眠忘街
サークル様解散の為、DLはこちら(Vector)から可能です。
サークル名 睡眠忘街 さま

***ストーリー***
僕の雇い主、亜柚レイは名探偵である。

……僕としては胸を張り大手を振って世間に向かってそう叫んで回りたいのだけれど、
何がどこでどう間違ったのか、亜柚さんには「名探偵」の他にもう一つ奇妙な肩書きがついている。
超宇宙(コスモ)級スター亜柚レイ。
科学技術の発達により探偵なんて職業は完全に廃れてしまって事務所は閑古鳥、
何か副業でもしなければ日々の生活もままならないとは言え名探偵兼スターって言うのはどうなんだろう。
僕は亜柚さんを尊敬しているけれど、それは飽くまで「名探偵」亜柚レイを、だ。
ああ、早くスターなんかじゃなくて探偵としての亜柚さんが見たい。
幼い僕を心酔させたあの、下手な刃物なんかよりよっぽど鋭い、冴え渡った推理の口上が聞きたい。

『今度の映画にはぜひユピテルの遺跡を使いたいな。いや、使おう。このシーンを表現せずして何がシリーズ最高傑作だというんだ。笑止千万だね。私はこれを撮りたい! そうして全宇宙に至上の感動を伝えたい!』

そんな僕の心中なんてすっかりさっぱり知らない亜柚さんが、ある日とんでもないことを言い出した。
よりにもよってここ第二エルデと現在冷戦状態、渡航も禁止されてるユピテルに映画撮影のために行きたいとかなんとか。
『全宇宙を未知の感動で埋め尽くす……これは宇宙(コスモ)級スターの宿命なのだよ、諸君!』
とかなんとか……スターがそんなはた迷惑な指名を背負ってる訳がないのに一体何を言っているんだか。
危険だから止めてくれと頼んでも、亜柚さんは一歩も譲らない。
仕方がないので、渋い顔をする亜柚さんを説き伏せて僕もその撮影に同行することになったんだけれど……。

『ようこそ、宇宙船ガイストシャッフへ。大した持成しも出来ないが、くつろいでくれ』

亜柚さんは自分が宇宙級アイドルだから航行の許可が簡単に下りた、なんて得意げに言っていたけれど、どうにもこうにもきな臭い。
たかが映画の撮影でこんな密航じみた真似が許されることってあるんだろうか?
それに、どうもこの宇宙船に乗った時から推理小説マニアの僕の血が不穏な気配を感じて騒いで止まない。
――きっと何かが起こる。事件が起こる。
そんな予感を抱えつつ、生来気楽な僕は、仮に事件が起こったら「名探偵」亜柚レイが見れるかもしれない……なんて考えてワクワクしていた。
そう……不謹慎にも、僕はワクワクしてしまっていたのだ。

「アレ」を目の当たりにするまでは。

(サイトさまより転載)

***キャラクター***
亜柚レイ……銀河を代表する名探偵兼超宇宙(コスモ)級スター
井柴レイ……名探偵亜柚レイの助手
イヅナ……宇宙船の船長
タカムラ……宇宙船のメカニック担当
ミコ……宇宙船のオペレーター
鳥ノ宮ロクセン……宇宙船に同乗する男

(サイトさまより転載)

感想は↓より

***感想***
【誘蛾灯】で有名な睡眠忘街さまのフリーゲーム。
探索でアイテムを探しつつシナリオを進めていくのですが、ストーリーといい、演出といい、グラフィックも音楽も、全てにおいて「すげぇ……!」と思わせてくれた最高に面白いADVでした!
「え?これ本当にフリーでいいの?」っていうくらいに、プレイ中もプレイ後も楽しめた充足感で大満足なこと間違いなしです。


◆◇◆シナリオ・演出◆◇◆
構成がいい!
いろいろな部分で秘められていることが、アイテムを集めることによって徐々にプレイヤーにわかっていくプロセスが素晴らしい!
それは例えばキャラクターであったり、そもそもの『ユピテル行き』に関しての裏事情だったり、全ての要素にギミックやミステリーが仕掛けられているといっても過言ではないんじゃないかと思います。
探索嫌いのADV好きな方は「アイテム収集を無視してメインストーリーを進めてシナリオを純粋に楽しむ」ことも可能ですし、謎解き好きな方は「暗号解読要素」を楽しむことができます。探索好きな方はじっくり探し回ってアイテムの収集に力を入れるも良し。自由度が高いのも面白さの一つでしょう。
肝となるシナリオの本筋部分でも、最後の最後で「うわ、やられた……!」という感じです。ガイストシャッフでの結末で驚愕させられて、さらにその後にもう一回「きた!」みたいな。
ガイストシャッフでのクライマックスの亜柚さんはスペシャルにかっこよくて、オート演出でのシナリオの流れと音楽とグラフィックの融合がたまりませんでした!
※秘められている部分の全てを知りたい場合は、TRUEENDだけではなく他エンドでの探索も必要です。

◆◇◆小ネタ(謎)◆◇◆
あらゆるところに大小散りばめられています。
アイテムを収集することで細かな謎が明らかになっていきますが、それらをヒントに謎解きする必要もあります。
これらのこだわりが尋常ではないくらいすごいんです。細部にわたって考えられているのがよく分かります。
ちなみに私は資料室の謎が解けませんでした。ネヴァジスタ……。絶対何かあると思うんだけどなぁ。
アイテムでは上から3番目の左側だけ埋まらない。どこにあるんだ~! 発見!!

◆◇◆キャラクター◆◇◆
亜柚さんをはじめ、ほとんどのキャラが何らかの過去を抱えています。それらが『ユピテル行き』に絶妙に絡んでいて、よりキャラを魅力的に感じさせてくれていたと思います。
全部のキャラが憎めない素敵なキャラ揃いなんですが、でもやはりここは亜柚さんをイチオシしたい!
ていうか、TRUEENDを見た後に他キャラが選べるものなのだろうかと自問自答。

◆◇◆グラフィック・音楽◆◇◆
グラフィックは優しい色彩の素敵スチル多し。曲との相乗効果で盛り上がるべき場所では大いに盛り上がり、ゲームの質を高めていたと思います。【誘蛾灯】では水彩っぽかったのですが、今回塗りを変えられているようです。
シナリオに対してのスチル量が半端ないし、顔グラも表情豊かでした。
かなり好きなグラフィックです。
音楽は曲数少なめながらもかなりの完成度。素晴らしい曲ばかりです。

◆◇◆ツール◆◇◆
ツールはRPGツクールXP。
その為枚数豊富で素敵なCG鑑賞やおまけ要素などはありません。非常に残念……。
マルチエンドなのにセーブスロットが4つしかない、バックログがきかないなどあまり使いやすいとはいえませんが、探索モードを生かすにはやっぱりツクールですしね~。このあたりは仕方ないかもしれません。


とことん楽しめた素晴らしいゲームでした。何度でも楽しめそうな程クオリティが高いです。
私の語彙と表現力ではとてもそれを伝えられないのが悔しいですね。
フリーでプレイできますので、是非とも、是非ともプレイしてみてください!


***備考***

攻略は ↓ のバナーをクリックしてくださいね♪

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lovesweetholic.blog76.fc2.com/tb.php/613-b9fcb8ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。